Yoko Taguchi 

田口 陽子

叡啓大学ソーシャルシステムデザイン学部 准教授

専門: 文化人類学、南アジア地域研究
フィールド: ムンバイ、インド
研究キーワード: ケア、家事労働、道徳的想像力、人格、自己、市民社会、政治社会、公共空間

インドの都市部をフィールドとして、現地の市民運動やケア労働を通して、道徳や人格について考える人類学的研究を行ってきました。人類学の事例と理論を用いて、相互に依存する存在としての人間の多様な可能性について研究を進めています。

Yoko Taguchi, PhD

Associate Professor, Department of Social System Design, Eikei University of Hiroshima

Subject field: Cultural Anthropology, South Asian Studies
Field: Mumbai, India
Research Profile:

  • Anthropological research on civil society and social movements in India
  • Ethnographic exploration of care/domestic work in urban India
  • Anthropological theories of personhood, relations, and social imaginaries

Investigating the local concepts and practices of civil society and changes in public space, engaging with anthropological literature and conducting long-term anthropological fieldwork in Mumbai, India. More recently, shifting focus from urban space to inside the house, studying care work and the dynamics of various households and kinship/family relations.

Researchmap, ORCID

市民社会と政治社会のあいだ

博論をもとにした単著が出版されました(2018年11月5日)。

2018『市民社会と政治社会のあいだ:インド、ムンバイのミドルクラス市民をめぐる運動』水声社。

e-honhonto楽天ブックス紀伊國屋書店

My book (in Japanese) is out! Between Civil Society and Political Society: Middle-class Citizen Movements in Mumbai. Tokyo: Suiseisha, 2018.

 

書評紹介 Reviews

油井美春 2021 〈書評〉田口陽子著『市民社会と政治社会のあいだ――インド、ムンバイのミドルクラス市民をめぐる運動』『南アジア研究』32: 127–132(日本南アジア学会)

神原ゆうこ 2020 〈レビュー〉田口陽子著『市民社会と政治社会のあいだ――インド、ムンバイのミドルクラス市民をめぐる運動』 『文化人類学』85(1): 151–153(日本文化人類学会)

小川道大 2019〈書評〉「人類学の視点からインド市民社会を論じる:ムンバイの市民運動を事例に(田口陽子『市民社会と政治社会のあいだ』水声社)」『図書新聞』3415: 5(武久出版)