出版物

田口陽子

書籍・論文等

2021 The Fiction of ‘Fluid Nuclear Units’: Rearticulating Relations through Domestic Work in Mumbai. Contemporary South Asia. 

Published online: https://doi.org/10.1080/09584935.2021.1884655

2020 [書評] Kalindi Vora, Life Support: Biocapital and the New History of Outsourced Labor. 『文化人類学』85(3): 547–550

2020 Movements of Flats and Citizens: Notes on Spatial Politics in Mumbai. In The Dynamics of Conflict and Peace in Contemporary South Asia: The State, Democracy and Social Movements (Routledge New Horizons in South Asian Studies), Kazuya Nakamizo, Tatsuro Fujikura, Minoru Mio eds. Oxon: Routledge.

2020 田口陽子・吉田聡宗・大角洋平・吉田真悟「留学生のためのチューター制度の現状と課題:論文チュータリングの改善にむけて」『一橋大学国際教育交流センター紀要』2: 17–30

2020 田口陽子・大角洋平・吉田聡宗・吉田真悟「チューターとは何か:著者性、ライティング教育、ネイティブ・スピーカリズムをめぐる試論」『一橋社会科学』12: 69–89

2019「世帯をめぐる物語:ムンバイのミドルクラスにおける家事労働と相互依存性」『文化人類学』84(2): 135–152

2019「再分配のアナロジー:インドにおける生モラルと国家制度の重なり合い」浜田明範編『再分配のエスノグラフィ:経済・統治・社会的なもの』、pp.87–112、悠書館

2018『市民社会と政治社会のあいだ:インド、ムンバイのミドルクラス市民をめぐる運動』水声社

2017「ウチとソトの交渉とずれの生成:ボンベイ・フラットと市民の活動からみた公共空間」(特集:グローバリゼーションと公共空間の変容 )『文化人類学』82(2): 163–181

2017「書評 Amitav Ghosh 著 The Great Derangement: Climate Change and the Unthinkable」『くにたち人類学研究』 11: 11–22

2016「腐敗、反腐敗、『個人的価値』:インド、ムンバイにおける『二つの自己』をつなぐ市民の運動」『文化人類学』81(3): 413–430

2016 中空萌・田口陽子「人類学における『分人』概念の展開:比較の様式と概念生成の過程をめぐって」『文化人類学』81(1): 80–92

2015「市民社会と政治社会の間:インド、ムンバイの市民をめぐる運動の人類学」一橋大学大学院社会学研究科提出博士論文(2015年10月28日提出、2016年1月13日学位取得)

2015 “Fight the Filth”: Civic Sense and Middle-class Activism in Mumbai. In Cities in South Asia (Routledge New Horizons in South Asian Studies), Crispin Bates and Minoru Mio eds. Oxon: Routledge, pp. 197–209.

2013 Civic Sense and Cleanliness: Pedagogy and Aesthetics in Middle-Class Mumbai ActivismContemporary South Asia 21 (2): 89–101

2012 Cosmopolitanism and the Morality of Business among Navi Mumbai MerchantsSouth Asia Research 32 (3): 199–213

2012 Aesthetics of Civil Society: “Fight the Filth” Campaign in MumbaiEconomic & Political Weekly 47 (20): 13–16

2011「コンタクト・ゾーンからみるインド料理:国民料理の形成と記述をめぐって」『コンタクト・ゾーンの人文学 第II巻:Material Culture/物質文化』田中雅一・稲葉穣編、pp. 127–148、晃洋書房

2010「ナヴィ・ムンバイ商人の『ビジネス』の論理:『コスモポリタン』の再考にむけて」『くにたち人類学研究』5:47–72

2010「コンタクト・ゾーンからみるインド料理の成立:ディアスポラの役割を中心に」『Contact Zone』3:124–143

2006「『インド料理』と公共性:レストランからの視点」大阪大学大学院人間科学研究科提出修士論文

その他の出版物

2021「ケアとごまかし」『コメット通信』第6号、pp18–19、水声社

2019 Householding Stories: Domestic Work and the Mutuality of Being in Mumbai. (JJCA Extended Summaries) Japanese Review of Cultural Anthropology 20 (1): 357–364

2019 奥田若菜・田口陽子「訳者あとがき:ブラジル地域研究とフェミニスト人類学の視点から」(Final proof_Zika_Translators note) デボラ・ジニス著『ジカ熱:ブラジル北東部の女性と医師の物語』、pp. 233–247、水声社

2018 [Digital Essay–ongoing] Taguchi, Yoko, Miki Namba, Grant Jun Otsuki, Gergely Mohacsi, Shuhei Kimura, and Miho Ishii. 2018. “Anthropologies of Science and Technologies in Japan.” In STS Across Borders Digital Exhibit, curated by Aalok Khandekar and Kim Fortun. Society for Social Studies of Science. August

2018 [事典項目] 「ムンバイー」「ショッピングモール」「新中間層と市民運動」『インド文化事典』インド文化事典編集委員会(編)、丸善出版

2017 [Blog] 「市民社会と政治社会のあいだ、西洋とインドのあいだ」『自分の言葉で』The World Council of Anthropological Associations

2017 [Interview] An Interview with Marisol de la Cadena by Yoko Taguchi, NatureCulture

2016 [学会近況] Theorizing the New Middle Class in India.(英語テーマ別セッションⅢ)『南アジア研究』28: 248–253

2011 [新聞記事] Here, Being a Citizen Is to Change the SystemMumbai Mirror, Mumbai, India, August 16