研究業績

田口陽子

論文等

2017「ウチとソトの交渉とずれの生成:ボンベイ・フラットと市民の活動からみた公共空間」(特集:グローバリゼーションと公共空間の変容 )『文化人類学』82(2): 163–181。

2017「書評 Amitav Ghosh 著 The Great Derangement: Climate Change and the Unthinkable」『くにたち人類学研究』 11: 11–22。

2016「腐敗、反腐敗、『個人的価値』:インド、ムンバイにおける『二つの自己』をつなぐ市民の運動」『文化人類学』81(3): 413–430。

2016 中空萌・田口陽子「人類学における『分人』概念の展開:比較の様式と概念生成の過程をめぐって」『文化人類学』81(1): 80–92。

2015 「市民社会と政治社会の間:インド、ムンバイの市民をめぐる運動の人類学」一橋大学大学院社会学研究科提出博士論文(2015年10月28日提出、2016年1月13日学位取得)

2015 “Fight the Filth”: Civic Sense and Middle-class Activism in Mumbai. In Cities in South Asia (Routledge New Horizons in South Asian Studies), Crispin Bates and Minoru Mio (eds.), pp. 197–209. Oxon: Routledge.

2013 Civic Sense and Cleanliness: Pedagogy and Aesthetics in Middle-Class Mumbai ActivismContemporary South Asia 21 (2): 89–101.

2012 Cosmopolitanism and the Morality of Business among Navi Mumbai MerchantsSouth Asia Research 32 (3): 199–213.

2012 Aesthetics of Civil Society: “Fight the Filth” Campaign in MumbaiEconomic & Political Weekly 47 (20): 13–16.

2011 「コンタクト・ゾーンからみるインド料理:国民料理の形成と記述をめぐって」『コンタクト・ゾーンの人文学 第II巻:Material Culture/物質文化』田中雅一・稲葉穣 (編)、pp. 127–148、晃洋書房。

2010 「ナヴィ・ムンバイ商人の『ビジネス』の論理:『コスモポリタン』の再考にむけて」『くにたち人類学研究』5:47–72。

2010 「コンタクト・ゾーンからみるインド料理の成立:ディアスポラの役割を中心に」『Contact Zone』3:124–143。

2006 「『インド料理』と公共性:レストランからの視点」大阪大学大学院人間科学研究科提出修士論文。

その他の出版物

2018 [事典項目] 「ムンバイー」「ショッピングモール」「新中間層と市民運動」『インド文化事典』インド文化事典編集委員会(編)、丸善出版。

2017 [Blog] 「市民社会と政治社会のあいだ、西洋とインドのあいだ」『自分の言葉で』The World Council of Anthropological Associations.

2017 [Interview] An Interview with Marisol de la Cadena by Yoko Taguchi, NatureCulture.

2011 [新聞記事] Here, Being a Citizen Is to Change the SystemMumbai Mirror, Mumbai, India, August 16.

口頭発表

2018 Relatedness through Domestic Work: Contingent and Processual Connections of Family, Maids, and Personhood, “Examining the ‘New’ in Kinship and Family in South Asia,” Department of Liberal Arts, Indian Institute of Technology-Hyderabad, 2月2日.

2018 Negotiating Inside and Outside: Advanced Locality Management (ALM) and the Civic Realm in Mumbai, INDAS/Martin Chautari International Symposium “Peaceful Development of South Asia,” Himalaya Hotel, Kathmandu, 1月5日.

2017「家内労働を介したつながり:家族、メイド、人格の偶発的な関係性 (English summary)」、MINDAS 「南アジア社会における社会変動と親密圏班」第2回研究会、国立民族学博物館、12月3日。

2017「『市民社会』の人類学:インド都市中間層の政治と人格」、社会運動論研究会、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター、7月15日。

2016「個人と分人のつながり:ムンバイの市民運動と心理計測講座を事例に (English summary)」、MINDAS 2016年度第1回合同研究会、国立民族学博物館、7月31日。

2016「市民社会と政治社会の部分的つながり:インドの運動に準拠しながら」、日本文化人類学会第50回研究大会、南山大学名古屋キャンパス、5月29日。

2016 Corruption, Anti-corruption, and “Personal Values”: (A)politics of Not Quite “Two Selves.” at Japanese Scholars Afternoon, February 24, University of Amsterdam, 2月24日.

2016 Between Corruption and Anti-corruption: Movements of Civic Values in Mumbai at PhD workshop at Symposium “Social Sufferings and Traumatic Experiences: An Anthropological Perspective.” at Institute for Research in Humanities, Kyoto University, 1月10日.

2015 The Quest for Integrity: Middle-class Values and Corruption in Mumbai at “Theorizing the New Middle Class” panel at The 28th Annual Conference of the Japanese Association for South Asian Studies, The University of Tokyo, 9月27日.

2014「人格への働きかけ:インド都市部におけるギーター、心理測定、市民」、第100回現代人類学研究会「人格、物質、コード」特集、東京大学駒場キャンパス、11月29日.

2014 Active Persons: The Gita, Psychometrics, and Citizens in Mumbai. at PhD workshop at International symposium “Comparative Reflexivities,” Hitotsubashi University, Tokyo. 11月16日.

2014「『市民社会』と『政治社会』の相互関係:ムンバイの市民運動を事例に」、第2回FINDAS研究会「南アジア・市民活動のアクチュアリティ」、東京外国語大学本郷サテライト、7月5日.

2014  (co-authored with Moe Nakazora) The “Dividual” in Anthropology: Lateral Development of “Personhood.” at “The Individual in Anthropology: a Future Paradigm in Anthropology?” panel at IUAES Inter-Congress, Makuhari Messe, Chiba, 5月16日.

2014「インドの『市民的』モラルと再分配:『社会的なもの』批判の比較を通して」、国立民族学博物館共同研究会「再分配を通じた集団の生成に関する比較民族誌的研究:手続きと多層性に注目して」、国立民族学博物館、4月5日.

2013 Between Populations and Citizens: Surveying and Awareness in Mumbai Activism. at Macau Winter School, “Urban Hybridity in the Post-Colonial Age,” International Institute for Asian Studies, The University of Macau, 12月18日.

2013 Trust and Civil Society: Contemporary Activism in Urban India. at “Trust in Super-Diversity” panel at the 17th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences,  The University of Manchester, UK, 8月6日.

2013「代表性をめぐる試み:ムンバイにおける市民社会団体の選挙活動から」、日本文化人類学会第47回研究大会、慶應義塾大学三田キャンパス、6月9日。

2013「内に向かう市民運動:インド、ムンバイにおける『先進的地域管理(ALM)』の理念と実践」、第816回東京都立大学・首都大学東京社会人類学研究会、首都大学東京南大沢キャンパス、5月10日。

2012「インド都市部における『汚物』と公共空間についての人類学的考察」、第47回南アジア学会月例懇話会、東京大学本郷キャンパス、7月29日。

2012「『汚れとの戦い (Fight the Filth)』:インド、ムンバイにおける市民の美学」、日本文化人類学会第46回研究大会、広島大学東広島キャンパス、6月23日。

2012「インド都市部における市民運動の動向:感覚、形式、美学の視点から」、現代インド人類学セミナー、人間文化研究機構プログラム「現代インド地域研究」主催、京都大学、6月7日。

2012「市民社会と代表性:ムンバイのミドルクラス社会運動を事例に」、現代インド・南アジア次世代研究者合宿、人間文化研究機構プログラム「現代インド地域研究」主催、国民宿舎みやじま杜の宿、3月4日。

2012 The Aesthetics and Form of Civil Society: Fighting the Filth in Mumbai. at “Opening the Boundaries of Citizenship” Conference, European Research Council funded OECUMENE Project, The Open University, UK, 2月6日.

2010「『コスモポリタン』都市を支える『ビジネス』研究の可能性:インド、ナヴィ・ムンバイの商人の事例から」、日本南アジア学会23回全国大会、法政大学多摩キャンパス、10月3日。

2010「現代インドにおける都市と村についての人類学的考察:ナヴィ・ムンバイの都市計画を事例に」、現代インド・南アジアセミナー、人間文化研究機構プログラム「現代インド地域研究」主催、京都大学、9月19日。

2009「インド、ムンバイの商店街における公共性と地域主義の台頭に対する人類学的調査」、「『企画と実践』成果報告会:方法としての現地調査について考える」、文部科学省大学院教育改革支援プログラム「キャリアデザインの場としての大学院」、一橋大学、12月8日。

2006「『インド料理』と公共性:レストランからの視点」、日本南アジア学会第1回関西地区研究懇談会、大阪市立大学文化交流センター、3月4日。