経歴

田口陽子

学歴

2016年1月: 博士(社会学) 一橋大学大学院社会学研究科

2013年3月: 一橋大学大学院社会学研究科 博士後期課程単位修得退学

2006年3月: 修士(人間科学) 大阪大学大学院人間科学研究科 博士前期課程

2003年3月: 学士(社会学) 関西大学社会学部社会学科

 

研究・教育職歴

2018年4月~現在: 一橋大学大学院社会学研究科 講師

2018年4月~現在: 慶應義塾大学大学院社会学研究科 非常勤講師(文化人類学学説特論 Ⅰ, II/文化人類学特殊研究 Ⅰ, II)

2017年9月~2018年3月: 神田外語大学外国語学部 非常勤講師(研究演習)

2016年10月~2017年3月: 東京外国語大学拠点現代インド研究センター非常勤講師(現代インドの諸相を知る(リレー講座))

2016年9月~2018年3月: 法政大学国際文化学部 非常勤講師(Religion and Society)

2016年4月~2018年3月: 千葉大学文学部 非常勤講師(文化人類学演習a、文化人類学研究法b、開発人類学)

2016年4月~2016年9月: 産業能率大学経営学部 非常勤講師(文化を知る)

2016年4月~2018年3月: 一橋大学大学院社会学研究科 特任講師(ジュニアフェロー)

2016年1月~3月: カリフォルニア大学デービス校人類学部 客員研究員

2015年4月~現在: 人間文化研究機構 南アジア(旧・現代インド)地域研究、国立民族学博物館拠点(MINDAS)研究協力者

2013年10月~2016年3月: 国立民族学博物館 共同研究員、研究課題:「再分配を通じた集団の生成に関する比較民族誌的研究――手続きと多層性に注目して

2013年4月~2016年3月(平成25~27年度): 日本学術振興会特別研究員(PD)、受入機関:京都大学人文科学研究所、研究課題:「現代インドにおける公共空間の再編: ムンバイの市民社会運動を事例に」(科研費情報・報告書

2010年8月~2012年1月: ターター社会科学研究所(ムンバイ) 客員研究員

2010年4月~2012年3月(平成22~23年度): 日本学術振興会特別研究員(DC2)、受入機関:一橋大学社会学研究科、研究課題:「南アジアの公共性と地域主義に関する人類学的研究――インド、ムンバイの都市空間から」(科研費情報・報告書

 

その他の職歴

2012年7月~2013年3月: 一橋大学大学院社会学研究科、リサーチ・アシスタント

2009年10月~2010年2月: 一橋大学大学院法学研究科、Debate and Presentation、ティーチング・アシスタント

2007年4月~2008年8月: Cactus Communications Pvt. Ltd.(インド、ムンバイ勤務)